FC2 PPV 3144594 – When I Looked Into The Fitting Room Without Permission While Changing Clothes Of A Beauty Staff Working For A Certain Cosmetics Manufacturer… !

0%
61 / 100

FC2 PPV 3144594 – 某化粧品メーカー勤務の美容部員の着替え中勝手に試着室を覗き込むと・・・見てるだけでは我慢できず僕の宿泊先に連れ込み2回中出し!!
某化粧品メーカーに勤めている彼女。
彼女に会うのは数ヶ月ぶりだが、相変わらず僕の下ネタにも乗ってきてくれるノリのいい可愛い女の子。
新人美容部員の指導と年末商戦が重なったせいもあり毎日クタクタなのだとか。

今日は屋上に観覧車のあるファッションビルに入り買い物をする事にした。
館内をいろいろ巡ると早速気に入った服が目に付いた様子の彼女。

早速試着する為僕は彼女と試着室へと向かった。
カーテン越しに彼女がゴソゴソと着替えているのが分かる。
この音ってやたら卑猥な妄想を掻き立てられたまらなく興奮した。

僕はつい、というか確信犯的にカーテンを開けてみた。
彼女は驚いた表情をするが、下着を隠しながら明るいノリで笑ってくれた。

カーテンを閉めてから僕は思った。
あれ
今の感じ今日いける気がする・・・

そんな期待を持ちつつ、屋上にある観覧車へと向かった。
お互い初めて乗る観覧車から遠くの景色を眺め、次第に距離が縮まり僕らは自然にキスをした。

そして彼女を僕の宿泊するホテルへ連れ込み関係を持った。

部屋に入り彼女を引き寄せるとキスをした。
スカートを脱いでもらい下着姿にさせた。
改めて彼女の姿を見るとスタイルの良さがよく分かる。

僕は下着を外して彼女の乳房を舌で愛撫した。
乳首を軽く刺激するだけで吐き出すような喘ぎ声が漏れている。

ベットに彼女を寝かせ下着を脱がせた。
女性器に触れると早くもにちゃにちゃといやらしい音を立て、彼女の吐息もだんだん荒くなってきている。

突起部付近を刺激するとその音はさらに大きくなり、女性器からは粘度を帯びた体液が溢れ出ている。
愛撫を続けると身体をのけ反らせながら感じ、そして身体をピクッと震わせ絶頂を迎えていた。

昂った性欲を吐き出すように僕を愛撫し始める彼女。
彼女はチロチロと全体を刺激し、深く男性器を男性器を口の中に咥える。

快感が高まり僕は彼女に挿入した。
ゆっくりと彼女の中に男性器が沈み、甲高い喘ぎ声が聞こえてきた。
男性器は彼女の身体になじみ、体液で淫靡な光を帯びていた。

僕の上になった彼女は一心に腰を動かしている。
卑猥なその姿は僕の興奮を高め、限界を近づけていた。

何度か体位を変えながら彼女の淫らな姿を愉しみ、僕は激しく腰を動かした。
そして彼女の中に一気に精子を放出した。

FC2 PPV 3144594

Date: December 15, 2022
Actors: Star

JAV Porn Star: Star

Featured Model