FC2 PPV 3148878 – An obscene act by bringing an anime voice who attends a famous high school to a closed room! With fair-skinned beauty big breasts that can be seen from the uniform, let’s fuck and ejaculate in the vagina without rubber! !

0%
67 / 100

FC2 PPV 3148878 – 有名進学校に通うアニメ声の現◯女子◯生美巨乳コスプレイヤーを密室に連れ込み猥褻行為!制服からはだける色白美巨乳でパイズリさせ有無を言わさずゴム無し膣内射精!!
彼女と会う日は毎回雨模様・・・。
僕が雨男というのもあるが、案外彼女もそうかもしれない。

仕方なく屋内に入りゲームセンターに足を運んだ。
意外にもUFOキャッチャーで盛り上がり楽しい時間を過ごせた。

途中で見つけた大きな綿菓子屋さんによって、食べきれないぐらい大きなものを勢いで2つ頼んでしまった。
見たこともない大きさの綿菓子を彼女は喜んで食べてくれ、口元にイチゴ味の赤いシロップを付けている。

可愛らしいな・・・。

ふと彼女がそのシロップを舌でペロッと舐めた。
その瞬間僕の脳裏には柔らかいを使って僕を奉仕する、彼女の卑猥な姿が甦っていた・・・。

僕はホテルで雨で冷たくなった彼女の手を握り温めていた。
そのせいかどうか分からないが、彼女の身体からは熱を感じている。

僕は彼女にキスをし、そのままベットに寝かせた。
制服にしわが付かないか少し心配になるが、ブラウスを膨らませた大きな胸が僕の眼にいやらしく映っていた。
ボタンを一つずつ外すと見事に膨らんだ胸がはだけている。

僕は下着をずらし乳房を弄った。
彼女の敏感な身体は乳首に指が触れるだけで吐息を吐き出している。
柔らかな色白の美巨乳を僕は丹念に愛撫した。
どんどん呼吸は荒くなり、甲高い吐息が聞こえてくる。

彼女が身体をくねらせ感じていると制服がどんどんはだけ、捲れたスカートからは下着が見えていた。
僕は下半身に手を伸ばし、下着を脱がせた。
指で女性器を開かせるとピンク色の肉壁はしっとりと濡れていた。

やっぱり感じやすいんだ・・・。

興奮で大きくなった突起部を指でこねると彼女の喘ぎ声が大きくなる。
舌で刺激された女性器からはどんどん体液が溢れ始める。
そして部屋に彼女の声が響き渡り、絶頂を迎えていた。

僕の手は彼女への愛撫を止めなかった。
身体をビクビク震わせたかと思うと、瞬く間に次の絶頂を迎えていた。

僕は彼女に奉仕させた。
僕に覆いかぶさりキスをし、身体中を丹念に刺激してくる。
そして体温と快楽を僕に与えながら男性器をゆっくりと愛撫し始めた。

唾液でいやらしい光を帯びた男性器を僕は彼女の胸で挟み込ませた。
柔らかい感触に包まれ、何とも言えない快感が伝わってくる。
 
僕は健気に奉仕を続ける彼女をベットに寝かせて深く挿入した。
ブラウスを肩まで脱がせると、美巨乳が強調されいやらしい光景が見えている。
腰の動きに合わせて聞こえる彼女の甲高い喘ぎ声は、どんどん卑猥さを増してきている。

感じやすい彼女の身体は何度も絶頂を迎え、そのたびに僕の興奮を高めてくれる。
そして僕は濡れた女性器に締め付けられながら大量にその中で射精した。
FC2 PPV 3148878

Date: December 22, 2022

Featured Model